• エコで住まいづくり
  • エコから考える設備機器選び
  • エコでトクする補助金を活用

「エコで住まいづくり」を考える上で、設備面から見ると2つの方法があります。1つが「太陽光発電+ オール電化」、もう1つが「太陽光発電+自家発電+TES」、つまり、電気主体で考えるのか、ガス主体で考えていくのか、です。

太陽光発電 + オール電化でエコ住宅

キッチンや給湯、冷暖房など家庭で使うすべてのエネルギーを「電化上手」といったお得なメニューを使い、電気でまかなっていきます。また、太陽光発電と組み合わせることで、使用される電力も自家発電で補っていきます。

太陽光発電 + オール電化でエコ住宅

家庭で消費されるエネルギーのうち、「給湯」に利用されるのは40%近くになるという調査結果もでていることから考えると、給湯で省エネが実現されれば、その効果も高いということになります。エコキュートは、ヒートポンプで空気の熱を集めるため高効率で、従来の燃焼式給湯器と比較して、省エネ・環境配慮という面で効果的です。また、キッチン・冷暖房を省エネ効果の高いものにすることができます。

太陽光発電 + 自家発電 + TESでエコ住宅

給湯には潜熱回収型のガス全自動風呂給湯器を使用。これに電気を組み合わせていきます。電気は、太陽光発電と「エネファーム」のダブル発電でまかなう電力を補っていきます。または、「エコウィル」で発電と給湯を行うシステムも登場しました。

太陽光発電 + 自家発電 + TESでエコ住宅

エネファームは、ガス燃料から水素を取り出して、空気中の酸素と化学反応させて発電させる、燃料電池方式のコージェネレーションシステム。発電のときに発生する熱を利用してお湯をつくっていきます家庭内で電気を使うだけで、お湯ができていきます。発電量は、0.3kWから1kW。冷蔵庫や待機電力といった常時使わなければならない電気を、お湯をつくりながらエネファームでまかない、エネファームが発電していない時や、電力使用量の多い朝や夜に1kWを超えるときにだけ電力会社からの電気を使用します。(東京ガスホームページより)

エコウィルはガス燃料で発電し、そのとき出る熱でお湯もつくり、暖房もできる家庭用のガスコージェネレーションシステムです。1kWの発電をするときに、同時に2.8kWの熱ができ、それを有効利用することで、省エネを実現する仕組みです。(東京ガスホームページより)
上記の「エネファーム」「エコウィル」と太陽光発電のダブル発電で、より省エネ効果を高めることも可能です。